4本のインプラント埋入と親知らずの抜歯を短時間で行った症例


 50代の女性です。
右下の臼歯部6番7番、左下の臼歯部6番7番欠損に対して、インプラント治療を行いました。
 ご家族に医療従事者(歯科医師)がいらっしゃったので、インフォームドコンセントが得やすく、治療に対するメリット、デメリットを充分にご理解いただいたので、一層外科的侵襲度を少なくすることを心がけました。
適切なポジション、適切な方向、適切な埋入深度で埋入できたので、その画像もお渡ししました。


 4本の埋入に加え、親知らずも抜歯して1時間+で手術を終了することができました。
 手術は安心で安全な方法で行うことが最も重要なことですが、手術時間を短縮することは術後の感染や痛みの軽減につながると思っています。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です