前歯部に対しインプラントとセラミック冠による審美修復を行った症例

上顎前歯部、1番と1番の審美修復を希望して来院されました。
右上1番はインプラント治療を行い、左上1番はセラミック冠を装着しました。

当初、両側の2番と2番も修復してはどうですかとお話した時は、コストのこともあり、そこはまだ少し様子をみたいということでした。しかし出来上がった1番と1番を見た時、こんなにきれいになるのなら来年は2番をぜったい治したいと、お気持ちが変わったそうです。前医が治したというこの2番と2番は、もっときれいにできるというのが率直な感想です。
手術の痛みや腫れがない、オペ時間は短い、出来上がった歯はきれいだということになれば、患者さんの満足度は高くなります。
そして、治療の合間に当院の歯科医師や歯科衛生士がアドバイスすること、歯科技工士とコミュニケーションをとって患者さんの希望をよく聞くこと、いろいろな角度で写真を撮り、顔貌に調和させて歯を作っていくことなど、細やかな作業を積み重ねることにより患者さんのデンタルIQは更に高くなります。
その結果として、次に治す歯についてもいろいろなご要望が出てくると思います。そのご要望に充分に答えられる治療を、来年も行っていきたいと思います。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です