インプラントの本数を減らしブリッジによる固定式の歯を装着した症例

60代後半の女性です。下顎の小臼歯部、大臼歯部の両側が欠損して部分入れ歯を装着していましたが、インプラントを用いた固定式の歯を希望して来院されました。
最近、インプラントの本数を減らして固定式の歯を入れて欲しいという患者さんが時々いらっしゃいます。私は小臼歯部、大臼歯部については、1歯欠損につき1本のインプラントというコンセプトではありますが、中にはオトガイ孔(神経の位置)が高くてインプラントを埋入できないとか、経済的な理由によりインプラントのブリッジ(インプラントの本数を減らす)にする治療を選択することもあります。
この患者さんは、右下に2本のインプラントで3歯、左下も2本のインプラントで3歯というインプラントのブリッジによる固定式の歯を装着しました。
1
2
3

当然、インプラントと噛みあう上の臼歯部の修復もきちんと行い、適切な咬合関係を与えた症例です。現在は3ヶ月に一度の定期的なメインテナンスを行っています。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です