審美領域に歯牙支持型のサージカルガイドを使ってインプラントを埋入した症例

審美領域にインプラントを埋入する場合は、やはりサージカルガイドを使用した方が上部構造(補綴物)の製作が非常にスムーズに行われると思っています。
サージカルガイドには骨支持型、粘膜支持型、歯牙支持型の3つのタイプがありますが、とくに残存歯が多い場合は歯牙支持型のガイドが有効だと思います。

審美領域に歯牙支持型のサージカルガイドを使ってインプラントを埋入した症例01
審美領域に歯牙支持型のサージカルガイドを使ってインプラントを埋入した症例02
審美領域に歯牙支持型のサージカルガイドを使ってインプラントを埋入した症例03

こちらは上顎2番から2番が欠損に対し、3本のオッセオスピートTXを埋入した症例です。ただし私は、埋入したばかりのインプラントを土台にして、仮歯を入れることはしていません。残った天然歯に対し矯正用の接着セメントを用いて仮歯を作り、それを使っていただいています。

審美領域に歯牙支持型のサージカルガイドを使ってインプラントを埋入した症例04

術後のCT画像を見ても適切なポジション、適切な埋入深度でインプラントが埋入されていることがわかります。

審美領域に歯牙支持型のサージカルガイドを使ってインプラントを埋入した症例05
審美領域に歯牙支持型のサージカルガイドを使ってインプラントを埋入した症例06
審美領域に歯牙支持型のサージカルガイドを使ってインプラントを埋入した症例07

3か月後にはインプラントを用いた仮歯を装着し、患者さんの希望する歯の形、歯の色、歯の長さ、笑った時のスマイルラインを確認します。そして、最終的な補綴物の製作に取り掛かっていく予定です。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です