上顎臼歯部に上顎洞底拳上手術を行い、半年後に左右ともインプラントブリッジを装着する予定の症例

70代の男性です。左上臼歯部欠損に対して上顎洞底拳上手術を行い、4本のインプラントを埋入した症例です。
通常の方法で手術を行うことができたので、約1時間半で無事終了することができました。
この方は、既に反対側もインプラント治療を行っているので、半年後にすべてのインプラントが揃ったら固定式のインプラントブリッジを製作する予定です。

20160620_01

20160620_02

20160620_03

20160620_04
 

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です