両側の臼歯部にサイナスリフトを行い、固定式のブリッジを装着した症例

60代の男性です。左上の6番と7番は自分の歯が残っていたのですが、右上7番から反対側の5番まで欠損のため、インプラントを用いて固定式のブリッジにしてほしいということで来院されました。
両側の臼歯部にサイナスリフトを行ったため、最終補綴物が入るまでに約1年かかった症例です。

義歯だったのが、ボーンアンカードブリッジ(インプラントを用いた固定式のブリッジ)に変わったため、最初はおっかなびっくりだったそうですが、今は自然に噛めるようになったということです。
  

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です