Xiveインプラントを用いて前歯部に対するインプラント治療を行った症例

50代の男性です。上顎右側2番(側切歯)の欠損補綴に対し、インプラント治療を行った症例です。
最近当院では、前歯部に対するインプラント治療のニーズが非常に高まっています。この方もやはり健康な隣在歯を削りたくない、ということでインプラント治療を希望して来院されました。
何度も繰り返してお話していますが、審美領域のインプラントはただ埋入すれば良いということではありません。綺麗にできて当たり前なのです。そのためには、適切なポジション、適切な深度でインプラントを埋入しなければなりません。
インプラントにもいろいろな種類がありますが、当院ではXiveインプラント、もしくはオッセオスピードTX、アンキュロス、そして最近ではオッセオスピードEVインプラントを用いています。
やはりできるだけ口蓋側で、垂直的に深く埋入したほうがきれいな上部構造を製作することができます。そのためにも術前のCT検査は必須です。術前の模型診査を行って、咬合関係を診査することも重要です。
手術の方法としては、抜歯時即時埋入、もしくは抜歯後1か月程度の治癒期間を設けて埋入する早期埋入を行うことで、審美領域ではより良い結果が得られると考えられます。
この症例では、Xiveインプラントを用いています。

当院では、埋入から3か月間、骨と生着するのを待ってからインプラントを用いた仮歯を装着し、色や形に対する患者さんのニーズを確認しながら最終補綴物を装着しています。
前歯部に対するインプラント治療を行った方のほぼ100%が、仕上がりに充分満足してくださっています。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です