前歯部に対しアトランティスアバットメントを用いて上部構造を制作し装着した症例


 60代の女性です。臼歯部には以前当院でインプラント治療を行っていましたが、今回右上前歯部2番3番の欠損に対し、インプラント治療を行いました。
 使用したのは、Xiveインプラントです。ただ、粘膜貫通部の歯肉に厚みがあり、口蓋側に深く埋入したために、アトランティスアバットを使用して上部構造を制作しました。


埋入ポジションも埋入深度も適切に行われたので、上部構造の仕上がりも良く、天然歯とよく調和しています。 
インプラントとインプラントとの間に歯間乳頭も認められ、審美的にも満足していただける結果が得られたと思います。

 この症例のように、最近、前歯部に対するインプラント治療へのニーズが非常に高まっています。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です