インプラントによる補綴と天然歯の歯冠補綴を同時に行い、調和をはかりながら審美修復を行った症例


70代の男性です。
ご友人の紹介で、インプラント治療を希望して来院されました。

上顎は、右上6番7番と左上の5番、6番、7番。下顎は両側の5番、6番、7番にインプラントを埋入しました。

右上5番から反対側の3番までが審美歯冠修復です。インプラントによる補綴と天然歯の歯冠補綴を同時に行い、埋入したインプラントと残存歯との調和をはかった症例です。
全ての治療を行うのに6か月かかりましたが、ご本人も非常に喜んでくださいました。おそらくこの患者さんは生涯、しっかりと噛んで食事ができると思います。
この症例で大切なことは、治療を行う順番です。インプラントを使ってまず奥歯の嚙み合わせをしっかりと作り、咬合を安定させてから前歯部の歯冠補綴を行いました。
中には、前歯がきれいになればそれで安心してしまう患者さんもいらっしゃいますが、治療をスタートする時点で臼歯部の咬合を安定させることの重要性つまり、咬めるようになることで食事が楽しめるようになり、QOL(クオリティ オブ ライフ)が向上することを説明し、それから治療に取りかかるようにしています。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です