固定式のプラスティック製の仮歯を使い、上顎前歯部に5本のインプラントを埋入した症例

60代の女性です。

上顎前歯部の欠損補綴の方法としてインプラント治療を選択されました。

初診時は上顎前歯部がまだ欠損していなかったのですが、重度の歯周炎により抜歯の適応となりました。

今までは部分入れ歯を装着していたのですが、これ以上部分入れ歯が大きくなるのは嫌だということで、固定式のインプラントによるブリッジを希望されました。

上顎前歯部に関係する症例では、悪い歯を全て抜いてしまうと、暫間処置に仮歯として部分入れ歯を入れざるを得ないのですが、この方はもう仮歯ですら部分入れ歯は嫌だということでした。ご希望に沿うためには、最終補綴物が入るまで患者さんのQOLを下げないような治療計画を立てていくことが重要です。

このような場合、私はいつも残存歯を使った固定式のプラスティック製の仮歯を作り、それを装着している間に、欠損部にインプラントを埋入する方法をとっています。今回は左上1番と右上6番を使い、欠損部に固定式のプラスティック製仮歯を入れました。左上1番は、最終的には抜歯します。

手術は静脈内鎮静法を用いて行い、約1時間で5本のインプラントを埋入しました。

手術の翌日、消毒のために来院されましたが、腫れもなく、まったく痛くないとおっしゃっていました。これはサージカルガイドを使ってフラップレス手術を行った結果だと思います。

3か月後には、埋入したインプラント体を使って仮歯を装着し、最終補綴物の製作へと移行していきます。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です