サージカルガイドを使って行う低侵襲なインプラント治療

 当院に来院する患者さんに話をお聞きすると、70代後半になっても、入れ歯は絶対に入れたくないという方がかなりいらっしゃいます。

 ただ、6本以上のインプラントを埋入しなければ固定式の歯は取り戻せないという場合、患者さんが悩む点は、①手術が怖い②どのくらい期間がかかるのか③お金がいくらかかるのかということです。そのお悩みのうち、全て解消されなければ、なかなかインプラント治療に踏み切ることができません。

 お金はある程度かかっても良いけれど、期間と外科的侵襲度をクリアできればという患者さんに対し最近よく行っている手術が、サージカルガイドを使って一度に多数のインプラントを埋入する方法です。

 今月もそうした手術を行いましたが、翌日消毒のために来院された時には、痛みも腫れもありませんでした。そして2,3か月後には、総入れ歯から固定式のブリッジへと、一気に変わることになります。

 その様子を見たご主人が、「自分は昔、山口先生の治療を受けたけれど、8本も一度に入れられるなんて。当時とはずいぶん様子が違いますね」と、驚いていらっしゃいました。

 ご主人は約20年前、上顎前歯部にIMZインプラントを4本埋入した患者さんでした。インプラント治療の技術は、日々進化しています。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です