一度に5本のインプラントを埋入し上部構造を装着した症例

70代の男性です。
4か月前、左上に3本、右上に2本のインプラントを同時埋入し、今回上部構造を装着しました。

使用したのは、ドイツ製のXiveインプラントとアストラテックEVインプラントです。
前歯部も治すべき箇所が多数あるのですが、今回は先に臼歯部を治療し咬合関係をしっかりさせてから前歯部の治療に移行しようと考えています。
この方は70代中盤というご年齢ですが、一度に5本のインプラントを埋入しました。
当院では日ごろからできるだけ手術回数を減らし、静脈内鎮静法を用いて2時間以内で手術を行うよう心がけています。技術的には、一度に8本位までのインプラントを埋入することが可能です。

この上部構造の装着で使用したのは、アトランティスアバットです。個々の患者さんに合わせて作られたアバットメントを使用することで、粘膜貫通部の調整が少なく短時間で行うことができます。
装着して1週間後に来院されましたが、入れ歯だった頃とはまるで違い、いろいろな硬いものが食べられるようになり、話しやすくなったと喜んでいらっしゃいました。
咀嚼機能の回復、発音の改善により精神的にも若返ることができた、まさしくアンチエイジングの治療と言えると思います。充分満足されたご様子で、高い評価をいただきました。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です