ラテラルウィンドウテクニックを用いて上顎洞底挙上手術を行い、2本のインプラントを埋入した症例


60代の男性です。右上の3、4、5番にブリッジが入っていたのですが、5番が歯根破折のため抜歯の適応となりました。
当初、ご本人は入れ歯でもいいかなとおっしゃっていましたが、反対側の左上3番から6番までブリッジを入れ右上にインプラント治療を行えば、固定式の歯にできますよとお話したところ、「やってみます」ということになりました。
ただ、右上5番は抜歯したばかりなので、すぐにインプラントは埋入できません。その隣の4番と6番にインプラントを埋入し、4、5、6番のブリッジを装着することにしました。

術前にCTで精査したところ、上顎臼歯部は骨の垂直的な距離が足りなかったため、ラテラルウィンドウテクニックを用いて上顎洞底挙上手術を行い、インプラントを2本埋入しました。


※ご注意:実際の手術映像が再生されます。
一般の方はご気分が悪くなる可能性がございますので医療関係者のみの閲覧を推奨いたします。

半年後に2次オペを行い、上部構造を装着する予定です。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です