臼歯部のインプラント治療を行った後、上顎前歯部の審美修復を行った症例


50代の女性です。下顎の臼歯部欠損に対し、インプラント治療を希望して来院されました。
まず、主訴である臼歯部の欠損治療を行いましたが、その治療が終わる前に、前歯が折れてしまったのです。この前歯は、他院でコンポジットレジンによる歯冠修復処置を受けていたのですが、それが脱離してしまい、前歯も早期に治療してほしいと要望がありました。

臼歯部の咬合の治療が終わるまで、前歯部は仮歯を装着して1ヶ月だけ待っていただき、その後ご本人の希望で、セラミック冠による審美修復を行いました。
(写真は、支台歯形成したところです。)

この症例で難しかったのは、生活歯(神経が生きている歯)については神経を取らず、できる限り保存して歯冠修復した点です。
歯冠乳頭もきれいに温存されています。新しい歯がきれいに装着され、とても喜んでくださいました。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です