歯並びが気になっていた前歯部に2本のインプラントを埋入し、最終補綴物を装着した症例


40代の女性です。前歯部の歯並びを気にして、来院されました。
当初、矯正治療が必要だと思って当院に来られたのですが、レントゲン検査や歯周病検査、口腔内写真による診断を行ったところ、中等度の歯周炎が進んでおり、虫歯の治療を必要とする歯も多数ありました。

カウンセリングを行い、矯正治療よりも主訴である両中切歯を抜歯して、そこにインプラントを埋入する方が短期でしかも歯の色も変えられると説明しました。
その治療計画を詳しくお伝えしたところ、矯正治療ではなく、インプラントによる審美領域の治療を希望されました。
上顎の左右1番を抜歯し、約1か月の治癒期間を経て、2本のインプラントを早期埋入しました。
インプラントが骨に生着するまでの間は隣在歯を用いた仮歯を装着し、3か月後にインプラントを用いた仮歯を装着しました。

仮歯を装着している間に、希望する歯の色、形、リップサポート(歯と唇のバランス)を患者さんと調整し、満足できる形態が決まった時点で最終補綴物を製作しました。
写真でわかる通り、仮歯の段階も綺麗です。
最終補綴物を装着しましたが、1か月後に来院していただき、メインテナンスを行って歯肉の経過を見たいと思います。その時には、おそらくきれいな歯冠乳頭が見られると思います。
左上の小臼歯にも欠損があり、患者さんの方から、そちらもインプラントにしてほしいと要望がありました。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です