8年前に装着した上部構造を当院の保証規定により半額で作り直し、ジルコニア冠を装着した症例


60代の女性です。
右下の5番、6番欠損に対し、インプラント治療を行ってきた患者さんです。

誤って硬いものを噛んだため、今まで入れていた上部構造が少し欠けてしまいました。

装着して8年ほど経っているので、「もし歯を作り替えたとしたら、どのくらいの費用で治せますか?」と相談されました。
当院の保証規定で、上部構造を作り直す場合10年以内は50%の金額で再製いたします。もちろん5年以内は全額保障で無料です。

あらためて当院のインプラントの保証規定について説明します。修理する時の上部構造の価格について、装着後5年以内は、患者さんの負担は0%、5年から10年は50%。10年以降は、相談によってですが100%となっています。

もちろんこれは、上部構造だけであって、骨の中に埋入されているインプラントについては、10年間全額保障です。
この患者さんは、この保証について以前サインしたことを覚えておられました。あと2年で全額負担になるので、半額で治してくださいと5番、6番の上部構造の作り直しを希望されました。

今回、型どりは印象材を使う従来のやり方ではなく、口腔内スキャナーを用いた印象法で行い、チップや破折が少ないとされるジルコニア冠をインプラントに装着しました。

かなり近い将来歯科医院にとって必須の器具となる「口腔内スキャナー」を当医院でも導入しましたが、これは口が大きく開きにくい患者さんや嘔吐反射の強い患者さんにとっても、治療が簡単になるというメリットがあり、またその場で立体画像で口腔内をお見せし状態を確認していただくこともできます。

歯科医院にとっても、石膏模型を作らずに上部構造を製作できるというメリットがあります。今後のこのようなデジタル機器がますます歯科医院に増えていくことでしょう。今回の症例でも患者さんに審美的にも機能的にも、非常に満足していただきました。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です