上顎前歯部に対しインプラント埋入と同時に大掛かりな骨造成を行い、内出血を予測した絵をお渡しした症例


上顎前歯部の2番から2番までの欠損で来院されました。

頬舌的に骨が委縮していていたため、インプラントの埋入と同時に大掛かりな骨造成を行いました。
この症例もそうですが、前歯部で大掛かりな骨造成を行うと内出血をする場合があり、それはある程度予測できます。
外科的侵襲度が高い手術で腫れや内出血が予測される場合、私は必ず手術前に、「手術の翌日から、このような顔になりますよ」という絵を描いてお渡しするようにしています。
すると、やはり内出血して「先生のおっしゃったとおり、絵のような顔になりました」と皆さんおっしゃり、トラブルには発展しないようです。
そして、「期間に個人差はありますが、元の肌の色に戻りますから、安心してください」ということもお伝えします。事前にお伝えすることで、患者さんの不安を和らげることができるからです。
当院では、外科的侵襲度が高い手術の場合、手術当日と翌日、場合によっては翌々日まで、来院していただき抗生剤の点滴を行います。抗生剤で腫れはある程度抑えられますが、内出血はどうしようもありません。自然治癒力に任せることになります。
肌の色が戻るまでに1週間から10日くらいかかりますが、ご本人はわかっていても、ご家族に心配を与えないため、その絵は必ず持ち帰っていただき、ご家族にもお伝えいただくようにしています。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です