上顎臼歯部に対し心電図で全身管理を行いながらショートインプラントを埋入した症例


60代の女性です。
左上の第一大臼歯欠損に対して、インプラント治療を希望されました。

治療計画を立てるためには、術前のCT検査が必須です。そのうえで、骨の質、ボリューム、そして解剖学的な状態を検査します。

例えば、下顎の場合は下顎管の位置、上顎臼歯部の場合は、上顎洞との位置関係を充分に精査するのは当然のことです。

この症例では、6~8ミリのショートインプラントを埋入するか、上顎洞底挙上手術を行い、骨造成をしつつインプラントを同時に埋入するかという2つの選択肢がありました。

この方は、「年齢のこともあるし、低侵襲の手術で欠損補綴が可能ならばそちらを選択したい」ということで、ショートインプラントを使って手術を行いました。

ショートインプラントは各メーカーから発売されていますが、今回使用したのはスウェーデン製です。

ショートインプラントを用いる場合は、できるだけ直径が太いものを選びたいと思っています。そして、インプラントの上に骨が覆いかぶさるプラットフォームシフティングのインプラントを選択しました。

手術時間は約15分でした。この方は上顎洞底挙上手術を希望しませんでしたが、心電図を使ったモニタリングを行いました。術中に不整脈を発生することなく、血圧、心拍数などの循環動態も安定していました。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です