口腔内スキャナーで仮義歯を作る


重度の歯周病疾患を抱えて歯が数本しかない場合、患者さんから「悪い歯を抜いて、入れ歯を作ってください」と言われることがあります。
 ところが、従来の方法では、入れ歯を作るために印象材で型を取る必要があり、型を取る時に、グラグラの歯がくっついて抜けてしまうことがありました。
 そうなると、患者さん本人は相当ショックを受けますし、我々も大変なショックです。
 それを回避するために、印象材ではなく口腔内スキャナーを使って仮義歯を作ることが可能です。当院では現在3台の最新式口腔内スキャナーを導入しております。
この写真の患者さんも歯がグラグラの状態でしたが、結果的に上顎は4本、下額は2本のインプラントを使ったインプラントオーバーデンチャーで治療を行いました。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です