70代の患者さんに1度の手術で8本のインプラントを埋入した症例

70代の女性です。上顎に総入れ歯を装着していました。

その総入れ歯の安定が悪く、他院では薄い金属床の付いた義歯を作る案が出ていました。「インプラントを使った固定式の歯に切り替えてはどうですか」と私の方で治療計画を立ててみたところ、「低侵襲で、なお且つ短期間にできる治療ならやってみたい」ということになりました。

インプラント治療を行う上で当然のことですが、70代というご年齢を考えると、安全な手術を行うことがより重要になります。そのためには、患者さんの全身的な状態、局所的な状態、生活習慣、ライフスタイルにおけるリスクファクターをしっかりと確認する必要があります。

患者さんが高齢の場合、全身的な問題として糖尿病、高血圧、心臓疾患などを抱えていることが多く、局所的にはインプラントを埋入できるだけの充分な骨の量があるかが問題になります。また、インプラントの清掃性を考えた時、軟組織の状態などを検査してから治療に当たらなければ良い結果は得られません。

幸いこの患者さんは、全身的な状態、局所的な状態に何ら問題が無いので、サージカルガイドを用いて一回の手術で8本のインプラントを埋入しました。オペ時間は1時間半くらいでした。

低侵襲な手術ができたので、消毒のために翌日来院された時、痛みも腫れも全く無く、患者さん自身も驚かれていました。

こうしたケースは、すぐに上部構造を入れないで、インプラントを使った仮歯を装着し、歯の形、色、長さなどの審美面、咀嚼、発音、清掃性などの機能面を探りながら相談し、最終的な上部構造の製作に取り掛かっていきます。

最終的には、インプラントを使った多数歯欠損に対するブリッジ(ボーンアンカードブリッジ)を装着する予定です。

術前写真 

術後写真

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です