上顎臼歯部にサイナスリフトを行い、2本のインプラントを埋入した症例

70代の女性です。右上の5番、6番欠損で来院されました。

選択肢としては、取り外し式の部分入れ歯またはインプラントですが、ご本人は固定式の歯にしたいということでインプラント治療を選択されました。

術前のCT検査で、インプラントを埋入できる骨量がない事が分かり、サイナスリフトが必要だということになりました。この患者さんは、反対側にもインプラント治療を希望されています。まずは右の上顎から始めます。5番6番に2本のインプラントを埋入することで、充分な咀嚼機能が獲得できると考えられたため、2本埋入しました。

いつも行っている通り、静脈内鎮静法を用いてラテラルウィンドウテクニックによるサイナスリフトを行いました。2時間以内に手術を完了することができました。

6か月後には、インプラントが骨に充分生着するので、上部構造を装着する予定です。

術前 CT画像 

術後 CT画像

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です