上顎臼歯部の骨量が充分にある患者さんに対しガイドを用いた低侵襲な手術を行った症例

70代の男性です。当院に長く通われている患者さんで、これまでに多数のインプラントを埋入してきました。

今回は、左上の第二大臼歯欠損で来院され、インプラントを希望されました。

左上7番部に以前から根尖性歯周炎があり、いずれは抜歯の適応症となりますと以前からお伝えしていましたが、予想通り抜歯することとなりました。

ご本人はインプラントの良さを理解しているので、何のためらいもなく「インプラントでお願いします」ということで、抜歯して人工骨を補填しました。

2か月後にCTで撮影し、画像を確認したところ、びっくりするほど充分な骨量ができました。さらに、歯槽骨の形態が平らで垂直的な距離も充分確保できたため、臼歯部ではありましたが、サージカルガイドを用いたフラップレスの手術を行うことができました。

手術時間はわずか10分です。この方は今までガイドを使った手術を受けたことが無かったので、「どんどん技術が進化していますね」と驚いていらっしゃいました。手術当日も翌日も、腫れや痛みが全く無く、痛み止めなどの術後の点滴も行わず経口投与だけで充分でした。

約3か月後には、上部構造を装着する予定です。

高齢者のインプラント手術を行うにあたり、ガイドの適応症と考えられた場合は、この症例のようにガイドシステムを使った低侵襲な手術を行うことも一つの方法だと思います。ただし、ガイドは全ての症例で使えるわけではありません。例えば大きな骨造成が必要な場合は、ガイドを使用することはできません。

術前 CT画像

術後 CT画像

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です