インプラント手術中の不整脈

インプラント治療を行うにあたっては、当然なことですが、術前に行う口腔内の局所的な審査が必要です。例えば、歯周疾患の有無、顎関節異常の有無、そして手術に向けて口腔内の環境が整っているか、歯科医院の設備やスタッフの技術力があるかなどは重要なことであり、日本口腔インプラント学会も項目を明記しています。それらの審査診断を行ったうえで、全身的な状態についても問診には充分注意を払う必要があると感じています、

患者さんは、自分が健常者だと思って来院されますが、中には、しばらく人間ドックに行っていないとか、定期的な健康診断を受けていないという方もいらっしゃいます。

高血圧症、糖尿病、心臓病などの基礎疾患を持っている方は、かかりつけ医がいて定期的、継続的に受診していると思いますが、そうでない方に問診して血圧を測定してみると、けっこう高血圧の場合があります。さらに心配になり心電図をとってみると、心室性期外収縮などの不整脈がみられることがあります。

このような不整脈は、内科を受診しても治療の対象にならないのですが、歯科医の立場で言うと、静脈内鎮静法無しで手術を行った場合、精神的なストレスで不整脈が増幅されるリスクがあります。

そのため、当院で事前に不整脈が確認された場合は、麻酔科医の立会いのもと静脈内鎮静法を用いて手術を行うか、内科にかかって更に詳しい検査を受けていただき、心臓の状態を確認してもらうようにしています。患者さんの高齢化に伴い、このようなかかりつけ医との連携が重要だと日々感じています。

今年になって、ご自身が把握していない全身疾患を持った患者さんがかなりいらっしゃいました。

私がいつもお話ししていることですが、歯科医は単なる歯の修理屋ではありません。心臓病、高血圧症、糖尿病など幅広い医学的な知識が求められます。とくに歯科治療は患者さんに精神的なストレスを与えるため、充分な注意が必要です。 より安心安全な治療提供をするのが私たち歯科医の義務です。それを常に念頭において術前に充分な検査、審査を行わなければならないと思います。

A インプラント手術前にPVCが発現

B 手術部にキシロカインカートリッジ1.8㎖×2本
       局所麻酔のリドカインの効果にてPVCは消失

C 術中に再度PVCが多発

D リドカイン1㎖/kg静注し不整脈(PVC)を治療

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です