サージカルガイド

当院では最近、サージカルガイドを使って1回の手術で多数のインプラントを埋入するケースが増えています。 

この方は40代の男性です。右上の1,2,3,4,5,6番欠損で来院されました。

本来ならば、3番部にインプラントを埋入したいのですが、昔、地域中核病院でその部位にできた腫瘍を摘出したために骨が無く、埋入できませんでした。

ご本人もある程度入れ歯を覚悟していたそうですが、入れ歯は発音しにくい、取り外しが煩わしいということで、当院にインプラントの相談で来院されました。

3番部に埋入しなくても、他の部位に多数のインプラントを埋入すれば固定式のボーンアンカードブリッジができますよとお話ししたところ、インプラント治療をお願いしますと返事をいただきました。

手術回数は少なく、低侵襲な治療を受けたいという希望があったので、ガイドシステムを使った歯肉を大きく切開しないフラップレス手術を行いました。

4本のインプラントを埋入しましたが、手術時間は40分ほどでした。翌日消毒に来院された時、腫れも痛みもありませんでした。

症例を選んで骨質や骨量がガイドシステムに適した患者さんに対しては、低侵襲な手術と治療が充分できることを実感しました。 このように、最近は毎週のようにサイナスリフトや、ガイドシステムを使った多数歯のインプラント埋入手術を行っています。もちろん、従来から行っている骨膜、粘膜を切開して剥離する手術も行っています。

術後 CT画像

術後 CT画像

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です