上顎前歯部にサージカルガイドを使い、フラップレス手術でインプラントを埋入した症例

30代の女性です。

右上の1番が根尖性歯周炎のため抜歯の適応症となりました。

この患者さんは、当院でこれまで臼歯部にインプラント治療を行っています。上顎前歯部についても隣の健康な歯を削るブリッジではなく、インプラント治療を希望されました。

抜歯の1週間後、抜歯窩に骨補填材を入れ、CTと口腔内スキャナーを用いてサージカルガイドを製作。歯肉を剥離しないフラップレス手術でインプラントを埋入しました。

手術時間は15分くらいで、術後の痛みも腫れもありませんでした。3か月後にインプラントを用いた仮歯を製作します。仮歯の調整を行い、その後患者さんの要望を聞きながら最終的な上部構造を製作する予定です。

上顎前歯部の仮歯の製作には、いろいろな方法があります。今まではメーカーが提供する既成のアバットメントを使っていましたが、口腔内スキャナーのデータをもとに患者さん独自のアバットメントを作った方が審美的にも機能的にも良い結果が得られると思います。最近はほとんどこの方法で製作しています。

患者さんにカスタマイズされたアバットメントを使うことで、粘膜貫通部の炎症を抑えることができます。

当たり前のように従来の方法を踏襲するのではなく、最新式の機器を取り入れ、経験と新しい技術を最大レベルで活用することが患者さんにとって良い結果につながると思います。

術後 CT画像

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です