全ての歯を抜歯した患者さんに対しインプラントオーバーデンチャーを行うため、上顎に4本のインプラントを埋入した症例


 50代の男性です。重度の歯周炎で、上下の歯をすべて抜歯しました。

 抜歯をして保険適用の総義歯を装着していたのですが安定感がなく、インプラントを使って(インプラントオーバーデンチャー)安定した義歯を装着したいと希望されました。

 今回は、上顎に粘膜支持型のサージカルガイドを使って4本のインプラントを埋入しました。

 粘膜支持型のガイドの場合は、手術中に位置がずれないように複数本のピンを使い、まずガイドを固定します。ガイドに基づいてインプラントを確実に埋入しました。骨膜、粘膜を剥離することなく、低侵襲な手術を行うことができました。
翌日、消毒のために来院された時には腫れも痛みもなく、ご本人も安心された様子でした。
粘膜支持型のガイドを使うので、執刀医は低侵襲な手術と判断したのですが、患者さんの方から静脈内鎮静法を使ってほしいと希望されました。前回の手術で経験して、とても楽だったからということです。今回も、静脈内鎮静法で全身管理を行い、なおかつガイドを使って低侵襲な手術を行うという非常に安心感のある治療を選択されました。
術後のCT検査で、正確なポジションに埋入されたことが確認できたので、数か月後にはこのインプラント体を使った安定した義歯を作ることができると思います。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です