審美領域におけるインプラント治療

 最近、初診で多いのは、審美領域の上顎前歯部にインプラント治療を受けたいという患者さんです。

週に1人、2人と初診で来られているのですが、手術前の診査診断に時間がかかり、手術の予約をお取りできるのは今のところ3カ月先になっています。

もちろん、交通外傷など緊急性がある場合は手術の枠を確保しますが、インプラントは慌てる治療ではありません。むしろ、長期にわたりどのくらい持たせることができるのか、どのくらい綺麗に仕上がるのかが重要です。

いざ治療に入ると、機能性、審美性を追求するために慌てない方が良い場合もあれば、急いで行ったほうが良い場合もあります。急いで行ったほうが良いのは審美領域です。

歯を失ってから時間が経ってしまうと、歯の長さ(歯冠長)が長くなり、自然な形に仕上げるのが難しくなってしまうからです。 上顎前歯部については、隣の天然歯に調和した歯を作るために、抜歯後はできるだけ早期にインプラントを埋入するようにしています。

このページの先頭に戻る 医療法人社団 友生会 トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です